忍者ブログ
「おやっとさぁ」は鹿児島弁で「お疲れさま」の意味。毎日の自分に、世間に今日も一言、おやっとさぁ。
[140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども。おやっとさぁです。なごぶいです。
3月になって、毎年恒例、通称「しもんばん」が始まりました。しもんばんと言っても、オムツ交換とかやる、下のお世話の事ではなくて漢字で書くと「霜ん番」といいます。お茶の新芽を霜の冷気から守るために茶園にスプリンクラーで水を撒きます。 (←※ヤフー知恵袋参照 )弁の解放は自動弁もあるのですが、手動で開く所もあります。(自動弁高いんですわ。)また、詰まったり、故障したりするので、大体2時間~3時間おきに茶園を巡回します。巡回中に詰まりや故障を発見した時には、暗い中、氷点下の作業となるなので、なっかぶりそうになります。(テンション下がって、泣きそうになります。) んでも、霜で被害を受けたら、もっと泣く事になるので、「えーい!泣こかい翔ぼかい、泣こよかひっ翔べ!」と、勇気をだして水にも氷にも負けず頑張っています。  ただ、晴れの日意外は大丈夫なので、曇りや雨の日は「きゅは、霜は大丈夫やっで、しょつがゆっくい飲んがないが。」と、ここぞとばかりに飲ん方を開催する茶農家は星の数。。。それで途中で天気が変わって、晴れて霜にやられた農家は、ちらほらと(--;)


かくして、自然へのささやかな反抗「しもんばん」新芽の収穫まで、まだまだ続きます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おやっとさ~さしかぶい元気しちょったや~?

わっぜいか異国しかも”ドイツで考案された防霜法”な。

もちっとの辛抱じゃっでだれんごっきばいやいな~。
うんまか茶をつくってくいやいな~。

ありがとう~。
ビーバー 2014/03/17(Mon)21:17:23 編集
Re:無題
おやっとですー。
元気やっどー。さみ日がつづっどなー。
じゃっどー。ドイツやったいげな。
「考えた人、どこん、どいつだ!」……(すんません)

ありがとうなー。びーばーさんもだれんごっ。
朝晩、さみでなー。
【2014/03/18 11:55】
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
無題(返信済)
(01/05)
無題(返信済)
(08/24)
無題(返信済)
(05/10)
無題(返信済)
(03/18)
無題(返信済)
(08/19)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
M氏
年齢:
38
HP:
性別:
男性
誕生日:
1979/02/04
職業:
農業(お茶)
趣味:
マンガ、読書、ボサーッとする事
自己紹介:
鹿児島(鹿屋)でお茶づくりに勤しむ農業と焼酎を愛する青年。方向音痴、てげてげ(適当)な性格。適当なのは優柔不断だからだと良く言われる。
自分も子供なのに3児の親。結婚してから朝食の作り方を覚える。30歳を過ぎ、最近は肥満と血糖値が気になりはじめた。あと腰痛も。

年一回、自分の限界を知るためと鹿屋茶のPRのために特に練習もせずに、無謀にも、ぶっつけ本番でフルマラソン(指宿菜の花マラソン)へ出走。あと何年続く事やら…。


バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
フリーエリア
忍者ブログ [PR]